MENU

にきびと肌質

顔がにきびでブツブツなのがコンプレックスで顔を上げられない、にきびを隠そうとしてついつい厚化粧になってしまう、素顔を人にみせられないなどにきびで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。コンプレックスとなっているにきび、しっかりにきび対策をしてそのブツブツをなくしましょう。

 

にきび対策には自分自身の肌質を知ることが大切です。
あなたの肌はどんな肌質ですか?
人間の肌は人によって違います。
肌には普通肌、敏感肌、オイリー肌、乾燥肌、混合肌などがあります。
・ 普通肌
普通肌とは水分量が適切で、皮脂もバランスよく分泌されており、滑らかな肌のことをいいます。普通はニキビなどの肌トラブルが起きにい理想的な肌です。
・ 敏感肌
敏感肌とは皮膚のバリア機能が通常より低いため、乾燥や紫外線、ホコリやばい菌などの外的刺激によってダメージを受けやすい肌のことをいいます。敏感肌はにきびなどの肌トラブルを起こしやすいデリケート肌です。
・ オイリー肌(脂性肌)
オイリー肌とは皮脂の分泌が多く、水分も多いため潤いはあるが肌の表面が脂っぽくべたべたした肌をいいます。オイリー肌は皮脂量が多いためにきびができやすいです。またべたつきによりホコリやゴミなどがつきやすくこれもまたにきびの原因となっています。
・ 乾燥肌
乾燥肌とは皮脂の分泌が少なく、肌の水分保持機能が低いために乾燥してカサカサしているいてる肌をいいます。乾燥肌は白く粉をふいたり、かゆみを生じたりします。皮脂量や水分量が少ないのでにきびは比較的できにくいです。
・ 混合肌
混合肌とは顔の部位により脂っぽくなっているところと、カサカサと乾燥しているところが混じっている肌をいいます。混合肌には鼻やおでこが脂っぽくて、頬や目じりがカサカサしているケースがよくみられます。混合肌はにきびができやすい肌質です。

 

肌質によってにきびができやすい肌やできにくい肌があります。普通肌や乾燥肌は比較的にきびができにくくなっています。敏感肌、オイリー肌、混合肌は外部からの刺激や、多量な皮脂の分泌などによりにきびができやすくなっています。
肌質はにきび予防のための基礎化粧水の選び方やお手入れ、注意点なども変わってきます。にきびをなくすには自分の肌についてよく知ること、そして自分の肌に合ったお手入れをすることがとても大切です。

 

デパートの化粧品売り場や、ドラッグストアなどで肌チェックをしてくれるところがあるので、肌をチェックしてもらい自分の肌がどの肌質なのか把握しておくといいでしょう。

にきびと病院

 

にきびが出来て病院へ行く人というのはどれくらいいるのでしょうか。にきびが出来たら、放っておくという人が多く、または市販されている薬を購入してケアするという人も多いといわれています。にきびが出来てしまった場合には、病院へ行くという人は少ないかもしれませんね。にきびが出来てしまって病院へ行く場合には、皮膚科を受診するということになりますが、皮膚科へ行けばにきび治療をしてもらうことができます。にきびが出来た人の中には間違ったにきびの治療方法を自分で荒療治として行っている人もいるのですが、たとえばどんな方法かというと、荒療治として、自分でにきびを潰してそして中の膿を出してしまうという方法です。
潰して膿を出すことでにきびが早く治療できますが、それはやってはいけないことです。自分で潰すということは肌を傷つけることになりますから、肌が傷ついてその部分が跡になったり、悪化する可能性があります。
にきびが出来やすい体質の人というのは早めに病院へかかる習慣をつけておくと悪化するのを防ぐことができますからいいと思います。なかなか病院へ行くのがおっくうだという人もいるかもしれませんが、早めの受診がにきび悪化を防ぐのです。

 

にきびと洗顔

 

にきびである人は洗顔はほかの人よりもしっかりと行った方がいいでしょう。にきび洗顔と呼ばれる洗顔方法もありますから、にきびの人というのは、人一倍洗顔には気を使いましょう。たとえば皮脂の分泌が活発だったり、毛穴が詰まっていたりすると、にきびというのはできやすいと思いますから、洗顔で皮膚の状態を清潔に保つ必要があるのです。そのためにはにきびの原因をきちんと理解したうえで、自分のにきびと、肌の状態を考えて洗顔をしなければなりません。洗顔の回数をただ増やすだけがいいのではなく、洗顔の方法、洗顔料をどうするのかということまでしっかりと選ばなくてはいけません。
にきび肌の人が洗顔料を選ぶ場合には、スクラブや、肌にきついタイプのもの、皮脂を取り過ぎるタイプのものは避けた方がいいですね。洗顔剤を使った後に肌のバリアがとれてしまうとにきびになりやすいのです。にきび用の洗顔料も今はたくさん販売されていますから、肌に優しくて、肌を傷つけないような洗顔料を選ぶのがいいでしょう。一番の理想は洗いすぎず、それでいて清潔を保つということです。肌には常に適度に皮脂を残しながら清潔を保つことがにきびにとっては一番いい状態で正しい洗顔になります。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1カードローン 審査 甘い10
2消費者金融 審査10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1消費者金融 審査10
2カードローン 審査 甘い10